2014年03月04日

ウクライナ情勢緊迫で商品相場が半年ぶり高値−原油など上昇

  3月3日(ブルームバーグ):商品相場は約半年ぶりの高値に上昇した。ウクライナ情勢の緊迫化でエネルギーと農産物の供給に支障が生じるとの懸念が高まる一方、安全資産としての金の需要が拡大したことが要因。

商品24品目で構成するS&P・GSCIスポット指数は3日、一時2.1%上昇し663.48と、昨年9月9日以来の高水準に達した。終値は660.22。原油は一時2.6%、小麦も7%、金は2.5%それぞれ上昇した。トウモロコシとガソリンも上げた。

約1500億ドル(約15兆2000億円)相当の資産を運用するスタイフェル・ニコラウスのファンドマネジャー、チャド・モーガンランダー氏は電話インタビューで、「ウクライナ情勢をめぐる不透明感により、商品相場全般が引き続き上昇するだろう。ウクライナは穀物の主要供給国であるため世界市場で懸念が広がっている」と指摘。「さらなる外交上のアプローチが取られるまでの間、金など安全資産の需要は継続しそうだ」との見方を示した。    

欧州連合(EU)向けに輸出されるロシアの天然ガスの半分以上はウクライナ経由。ウクライナは今年のトウモロコシ輸出で、米、ブラジルに次いで世界第3位になると予想されている。小麦では世界第6位。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140304-00000017-bloom_st-bus_all
posted by おいら at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

冬の電力供給綱渡り 火力酷使トラブル、停電リスク消えず

綱渡り状態です

 電力各社は、原子力発電所の再稼働が見通せない中、火力発電を定期検査の延長などで最大限活用したり、電力を融通し合ったりして今冬の電力危機を乗り切る方針だ。しかし、火力酷使によるトラブルで大規模停電となるリスクは消えない。今冬は、安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」の影響で電力需要が高まる可能性もあり、綱渡りが続く。

 需給検証小委員会がまとめた報告書案によると、沖縄を除く9電力のうち、2桁の予備率を確保できるのは東京(10.2%)だけ。東日本大震災前、発電電力量の4〜5割を原発に頼ってきた関西と九州の予備率は、最低限必要とされる3%台だ。

 国内の原発で唯一稼働していた大飯3、4号機(福井県、出力計236万キロワット)が9月に定期検査のため停止した関西は、今月1日に期限を迎える予定だった火力発電6基の定期検査を延長。12月に期限切れとなる2基についても延長申請する計画だ。

 関西は中部、北陸、中国の3社から計152万キロワット、九州も計71万キロワットの融通をそれぞれ受け、供給力を積み増す。しかし、原発をカバーする火力発電の計画外停止は年々増加傾向にある。設備トラブルが相次げば融通も期待できなくなる。

 一方、電力各社はアベノミクスによる経済効果で電力需要がどれだけ拡大するかに気をもんでいる。報告書案は、経済の影響による今冬の9電力管内の電力需要は、東京を中心に、2010年度比で165万キロワット、12年度比で236万キロワット増加すると試算。さらに想定以上に冬が寒くなれば、暖房需要の増加で需給逼迫(ひっぱく)につながる可能性もある。

 「頼みの綱」の原発は、5電力が計7原発14基の再稼働に向けた安全審査を原子力規制委員会に申請しているが、準備の遅れなどで、再稼働時期は14年度にずれ込む公算が大きい。(宇野貴文)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131023-00000007-fsi-bus_all
posted by おいら at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

「ペイパル銀河計画」の開始を発表、宇宙で使うお金を研究



【7月2日 AFP】オンライン決済サービスを手がける米ペイパル(PayPal)は6月27日、宇宙旅行者がどのような通貨を使うのか真剣に考える時が来たとして、宇宙で流通する通貨を研究する「ペイパル銀河計画(PayPal Galactic Initiative)」を始めると正式に発表した。

 ペイパルのデービッド・マーカス(David Marcus)社長は「将来に向けた計画を始めるべき時がやってきた。将来は地球上の決済だけにとどまらない。われわれのビジョンは地球を離れて宇宙へと拡大している」と話す。

 米カリフォルニア(California)州シリコンバレー(Silicon Valley)の米SETI(地球外生命探査)研究所(SETI Institute)で開かれた発表イベントでは、米国の元宇宙飛行士、バズ・オルドリン(Buzz Aldrin)氏もスピーチした。

 ペイパルが主導するこの取り組みは、宇宙の商業化において一定の役割を担うべき関係団体を集め、銀河系間に及ぶ金融制度の枠組みを研究することを目的としている。

■「宇宙の商業化は思っているよりも近い」

 マーカス社長は、国際宇宙ステーション(International Space Station、ISS)に滞在している宇宙飛行士が軌道周回中の暇つぶしのために電子書籍や音楽を購入する場合でも、支払うべき請求書は発生すると説明した。

 ペイパルによると、英ヴァージングループ傘下の宇宙旅行会社ヴァージン・ギャラクティック(Virgin Galactic)や米民間宇宙開発ベンチャーのスペースX(SpaceX)などは宇宙観光旅行が近い将来実現するという見通しを持っており、旅行者が地球を離れた際に旅行中に使うお金が必要になるとしている。今後3年ほどで宇宙ホテルが地球を周回する計画もあり、ポーターへのチップやルームサービスなどの支払いが生じることも見込まれている。

 マーカス社長は「他の惑星に居住する計画を立て始めると、やはり現実の生活の日常的な事柄に対処する必要性が出てくる」と述べ、「生活必需品の支払いを行う手段が向こうでも必要になるはずだが、それをどのように行うのかは現在のところ明確になっていない」と指摘した。

 グローバルな通貨になるという展望の下、15年前の6月に創立されたペイパルは星々に目を向けて創立記念日を祝うのがふさわしい、と同社の世界製品部門を統括するヒル・ファーガソン(Hill Ferguson)氏はAFPに語る。「最初は笑い飛ばして気は確かかと思うだろう」とファーガソン氏。「だが宇宙開発や、宇宙の商業化という構想は、多くの人々が考えているよりもはるかに現実に近いところにある」(c)AFP/Glenn Chapman
posted by おいら at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

全日空がボーイング787の試験飛行、両社役員も搭乗

必死に安全性をアピールです



【4月28日 AFP】全日空(All Nippon Airways、ANA)は28日、米ボーイング(Boeing)の787型旅客機「ドリームライナー(Dreamliner)」の試験飛行を実施したと発表した。

 787型機はバッテリーの不具合のため、1月から世界で商業運航が停止されていた。前日の27日に、エチオピア航空(Ethiopian Airlines)が世界で初めて同型機の運航を再開していた。

 試験飛行するANAのB787型機はANAの伊東信一郎(Shinichiro Ito)取締役会長とボーイング民間航空機部門のレイモンド・コナー(Ray Conner)最高経営責任者(CEO)も乗せて同日午前、羽田空港(Haneda Airport)を離陸し、約2時間後の同11時ごろ同空港に着陸した。

 ANAは次世代航空機とされる787型機の保有数が世界最多。試験飛行にANAとボーイングの幹部が搭乗したことは、手痛い打撃となった緊急事態を早く終わらせたいという両社の考えを示している。(c)AFP
posted by おいら at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

NYダウ、8日連続で最高値 「バブル懸念ない」と米財務長官



【3月15日 AFP】14日の米ニューヨーク株式市場で、ダウ工業株30種平均(Dow Jones Industrial Average)が8営業日連続で最高値を更新した。止まらない株価の上昇だが、ジェイコブ・ルー(Jacob Lew)米財務長官は同日、新たな金融バブルを懸念してはいないとの考えを表明した。

 米経済の回復は依然として鈍く、今月1日には米連邦予算の強制削減も発動された。にもかかわらず、14日のダウ平均株価は米失業保険新規申請件数が3週連続で減少したことを受け、1996年以来最長となる10日連続で続伸。前日終値比83.86ドル(0.58%)高の1万4539.14ドルで取引を終えた。

 こうした中、米ビジネスニュースチャンネルCNBCのインタビューに答えたルー財務長官は、2008年にウォール街(Wall Street)の暴落から世界金融危機を招いた二の舞を演じないよう状況を注視する必要はあると指摘しつつも、「これまでの分析に目を通した限り、現時点で懸念する理由は何も見当たらない」と述べた。(c)AFP
posted by おいら at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。